☆グンネラ マニカタを買ってみた!

こんにちは!トモヒトです!

 

さて今回は、去年の12月ごろに

ネットを何気なく見て居たら、かなりインパクトのある

観葉植物を見つけてしまって、

 

全然オフシーズンなんですが、待ちきれずに

「グンネラ マニカタ」を購入しました。

 

この植物は、なぜ買ったかと言うと、

とにかく、葉が大きくなるということで、

1枚の葉が2メートル前後にまでなるそうです。

 

雨宿りが出来そうですねw

 

後、花も咲くそうですが、↓こんな感じで、

 

出典:https://www.sanyasou-sodateru.com/sizenhana/ka/gunneramanicata.htm

 

花を楽しむタイプではないようです。

 

来た当時の画像がコチラ

とげとげの葉っぱが濃い緑色で、

冬にもかかわらず元気です。

葉っぱの大きさも、10センチ前後というところですね。

 

室内の日当たりが良い場所に置いているので、

葉っぱが保っていますが、

 

本来、屋外で路地植えなどにしていると、

冬は落葉して、地上部が無くなり、寒冷地などでは、

落葉後、藁を敷くなどの必要があります。

 

トゲトゲの見た目ですが、触っても全然痛くありません。

 

ところが、今年は4月になっても割と寒かったので、

ずっと窓辺の日当たりのいい場所に置きっぱなしにしていたら、

↓葉焼けでこんな感じになってしまいました。

 

 

葉が5枚ほど焼けて、しぼんでしまいました。

 

やはり、太陽にあまり当たるのは苦手みたいですね。

 

まあ真ん中の方から、3枚ほど新しい葉も伸びてきているので、

豪華な見た目になってくれるでしょう。

 

温かくなってきて、徐々に葉も伸びてきて、

葉焼けする前は、一番大きな葉で、20センチくらいにはなっていました。

 

あと、そもそもは水辺などの常に湿っている

場所などに好んで生えるようなので、

水切れすると、すぐに葉っぱがしぼみ始めます。

 

なので、鉢で育てる場合は、鉢皿に常にある程度の

みずが溜まっているくらいが良いと思います。

 

僕は、サボテンや多肉植物が好きなので、

サボテンなどの感覚で言うと、こんなに湿らせていたら、

すぐに腐ってしまうので、

 

グンネラに水をやる時もいつも、今にも

腐るんじゃないかと心配になってしまいますねw

 

それでも、ここまで4カ月、常に土が湿った

状態が続いていますが、新しい葉が出てきている

ということは、元気なんでしょうね。

 

おなじ植物でも、原産地が違うだけで、こんなにも

性質が違うものかと驚きますw

 

◎「グンネラ マニカタ」育て方

半耐寒性多年草(ブラジル原産)

グンネラ科(アリノトウグサ科)

□大きさ:2~3メートル

□学 名 : Gunnera manicata

「オニブキ」「ジャイアントルバーブ」

などとも呼ばれたりするそうですが、

「フキ」の仲間でも、「ルバーブ」の仲間でも

ないようです。

 

耐寒性:-5℃(冬季落葉)

雪が降るような地域では、落葉後、

ワラなどをかぶせたほうが良い。

 

□耐暑性:中 

□日当たり:半日陰

長時間直射日光に当たるのは苦手です。

大きな木の陰や、鉢の場合は家の軒下

などに置くのが良いと思います。

 

□水やり:水を好む

耐湿性が強く、水切れに弱いので常に

湿っている状態で。

鉢などで育てる場合は、腰水で。

 

□花期:初夏

花が地味なので、あまり楽しめないかも

 

□肥料:春か秋

基本的には、ほとんど必要ないそうです。

木陰などの葉っぱが朽ちたもので十分でしょう。

また、植えはじめや、植え替えの時に、

腐葉土を多少混ぜるくらいでいいでしょう。

 

□増やし方:株分け

増やしたい場合は、ある程度大きくなってから、

株分けして、植えましょう。

 

□病気・害虫:特に気を付けるべきものはない

ネットで色々調べましたが、特にかかりやすい

病気や、弱い害虫などは無いようです。

 

という感じで、まあまとめると、特に気を付けるべきは、

 

1、水切れさせない!

2、あまり直射日光に当てない!

3、冬はワラを敷く

 

という3点に気を付ければ、比較的

育てやすい植物の様ですね。

 

これから、また大きくなったらご報告します!!