☆つるバラ カクテルの花が咲いた!

こんにちは!トモヒトです!

 

すっかり久しぶりの記事になっちゃいましたが、

5月ももう終わりに近づいて、

庭の「つるバラ カクテル(コクテール)」の花が咲いています!

 

そもそもこの「つるバラ」、新居(中古)の前のオーナーさんが

残していったもので、庭のデッキの傍らに生えていて、

冬だったので何か分からなかったんですが、

一応鉢植えに残しておいてみようということで、

置いておいたら、春になって元気に伸び始め、

 

5月のはじめあたりからちらほらと花が咲き始めました!

 

 

最初は1輪だけだったんですが、

徐々に増え始め、

 

 

最終的には8輪くらい咲きました。

まあその時の写真は撮影してないんですがw

花は今のところ、全てしぼんで、

休止中ですね。

 

何の植物か分からずに一応おいておいたんですが、花が咲いてみて、

「置いておいてよかった!」と思ったものですw

 

 

いまは、元の株の根元から、新しい枝が伸び始めています。

 

本来は、「半つる性」ということで、何か支えになるものに

添わせる方が良いんでしょうけど、今のところ自立しているので

置いてあります。

 

もう少し株が充実してきたら、ゲート?みたいなやつを買ってこようかと。

 


 クライミングアーチ

↑こんなやつ。

 

かなり成長も旺盛で上部ということで、うまく行けば、

こんな風に↓たくさん花が咲くようですね。

 

◎つるバラ カクテル 特徴 育て方

記事に書くついでに、「つるバラ カクテル」の

特徴や育て方なんかも調べてみたんですが、

 

まずこの植物は、1957年に、フランスのメイアン社が

作出した品種で、

 

「第17回 世界バラ会議 フランス リヨン大会」では

「殿堂入り」を果たしたという、美しさに定評がある花らしいですねw

 

ちなみにこの「世界バラ会議」は1971年から3年おきに開催

されているらしいですが、全然知らなかったですねww

 

つまり、今回ご紹介している「カクテル」は2015年に

「殿堂入り」認定されたということで、

 

さらにちなみに、この「殿堂入り」というのは、

「世界バラ会議」で選出される、「世界中で愛されているバラ」

ということで、

 

世界中で育てやすく、美しいものを選出しているようですね。

 

ちなみに、最新の2018年の会議で「殿堂入り」したのが、

↓「ノックアウト」という品種だそうです。

 

出典:https://ivy-rose-love.com/zukanknockout/

 

 

[つるバラ カクテル 特徴 育て方]

先ほども書いたように、成長が早く、鮮やかな赤い花を

たくさん咲かせるので、大きな株になると、何百という花を

一気に咲かせるので、圧巻だそうです。

 

注意点としては、成長が早いために、マンションのベランダや、

狭い場所で育てるには適していないようです。

 

早い段階で、「アーチ」などの支えを設置して、からませる方が

良いようですね。

 

◎日当たり

「耐陰性」のあるので、日陰の場所でも育てやすいとされています。

我が家の場合は、ずっと日当たりのいい場所に置いていますが、

元気に育っていますので、特に場所にはこだわらなくても良いようです。

 

◎耐寒性・耐暑性

耐寒性・耐暑性ともに、強いですが、冬は落葉します。

 

◎剪定

やはり成長が早いということもあり、アーチなどに絡ませた

後も、枝が入り組み過ぎないように、こまめに剪定をした方が

良いようですね。

 

株元から出ている大きな枝2~3本を「主幹」として、

その他は剪定したほうがまとまりやすいとのことです。

 

また、その「主幹」からあまりに枝が伸びた場合も、

ある程度のボリュームを残しつつ、剪定することも大事そうです。

 

◎気を付ける病害虫

特に、この「カクテル」特有の病害虫というものは

ないみたいですが、一般的なバラと同様の病害虫に注意です。

 

・黒点病

・うどんこ病

 

こちらは両方とも、「ダコニール1000」が有効

 

害虫は

・アブラムシ

・バラゾウムシ

・ダニ

・カミキリムシ・・・

 

辺りですが、一般的な殺虫剤など、予防効果のあるもの

などを散布しておく、

虫に気づいたら、すぐに駆除するということですね。

 

 

一応、我が家の株は開花は、一時休止という感じですが、

新しい枝も伸びてきているし、「次々と咲く」と言われているので、

今後も楽しみですね。

 

株が充実して、花が増えてきたら、また報告します!!