☆金魚水槽に新しい仲間、鉄魚がやってきました!

さて、新しい金魚水槽の中には、今まで、

「藤六鱗」と「桜オーロラ2匹」と「桜ジャンボオランダ」

の4匹が居たんですが、

 

何気なくヤフオクを見て居たら、「鉄魚」が出品されていて、

まあ以前から「鉄魚」自体は知っていたのですが、

銀とか黒いものが多くて、あまり興味がわかなかったけど、

 

最近は色がキレイな鉄魚も増えてきて、

今回思わず購入してしまったのが、コチラ

 

僕は基本的に、長手の金魚が好きで、体のフォルムが

和金型(特に若い頃)が好みで、

 

それでいて、ヒレが長いもの、豪華なもの、

三尾、四尾などのモノが好きなので、

 

オーロラや藤六鱗などを飼っていますが、

今回の鉄魚は、黄色に近いオレンジ色で、

三尾などではないですが、尾びれ、背びれ、腹びれ

などが長く、そこに墨が入っている感じで綺麗だったので

 

一目惚れしました。

 

そもそも「鉄魚」というと、長くてなびく尾びれが魅力

という感じですが、黄色の上に黒い筋が入って、

ひらめく感じが美しくて購入しました。

 

◎鉄魚とは?

購入するにあたって、「鉄魚」についても色々

調べてみましたが、

 

そもそもは、「宮城県加美郡魚取沼(ゆとりぬま)」で

1922年ころに発見されて、1933年には天然記念物に指定

されたようですが、

 

最初の頃は、「金魚の原種か?」とか、

「フナの突然変異?」などとも言われていましたが、

 

はっきりしたことは今でも分かりませんが、

 

銀色、灰色のものから、黄色やオレンジ色のものまでいることから、

 

「フナと金魚の交雑種」という見方が強いようです。

 

特に、フナと琉金を交雑させた姿に近いと言われていますね。

 

大きさ的には、15センチ程度になるようで、

 

和金などよりは小さい感じでしょうかね。

 

泳ぐ速度はかなり早くて、飼育し始めた頃は、僕が近づくと、

すぐに水草の陰に隠れてしまっていたので、

飼育から1週間くらいは、いつも姿を見られませんでしたww

 

最近は「エサをくれる人」と覚えてくれたみたいで、

寄って来てくれますがw

 

これから、「ジャンボオランダ」とかと交配した子供とか

見てみたいですねw