☆モクズガニを採ってきました!

さて、今年の7月くらいまで、我が家ではサワガニを

飼っていたんですが、

このサワガニは2年前に長男が小学校の「クリーンハイキング」

というイベントで、山のキャンプ場に行って、川遊びの時に、

捕まえてきたサワガニで、

2年生きてくれたんですが、寿命だったのか

今年の猛暑で飼育していたケースの水温が上がりすぎたのか、

 

ある朝見てみると、ひっくり返ってゆらゆらしていて、

天国に旅立っていました。

 

長男も残念がって、僕も2年間飼っていたので愛着がわいていた

事もあり、「サワガニロス」気味になっていて。

 

夏休みに、川遊びに行くときに色々と調べていたら、

僕は個人的にはそれまで知らなかったんですが、川には、

サワガニだけじゃなくて、「モクズガニ」というカニも居て、

 

しかも、サワガニが甲羅の大きさが3~4センチ前後

に対して、8センチから10センチにもなるという大型のカニ

ということで、一気に興味が湧いて、

 

この夏は、モクズガニを採りに行こう!ということで、

兵庫県内の何か所かの川に行ったんですが、

まあ、採取場所はあえて言いませんが、コチラ↓

割と住宅街の中を流れる川をでモクズガニを狙いました。

 

というのも、ネットで調べていると、この川で、

子どもたちがモクズガニを採取して観察した・・・という記事があり

家からも40分くらいで行けるので、行ってみたんですが・・・。

 

実はこの時にハプニングがあり、1日目は、午後3時くらいに

この川に行って、探していて、小さなモクズガニの死骸なども

見かけたので、「ここは居るぞ!」と子供たちと喜んで

探していたんですが、10分もしないうちに、次男が川の中で転倒して

 

その時に岩場に手をついたことで、小指が痛い!と号泣。

割と痛みに強い次男がこれだけ痛がるのは骨折かも・・・

ということで、急きょ病院に直行。

結果、左手小指の付け根を骨折・・・ということで、

 

第1日目は終了・・・。

 

長男があまりに残念がっていたので、次の日に、

朝7時ころに同じ川に向かいました。

ちなみに、モクズガニを釣る仕掛けはコチラ↓

割りばしの先に糸を結び付けて、その先に

おもりの石とする目を結び付けただけのものですw

 

ネットで見ると、ひたすら川の石をめくって探す、とか、

青魚の切り身で釣る上げるというような方法も書いてましたが、

まあとりあえずこれでいけるかなということで、

シンプルな方法で。ちなみにこの方法で3年前に親子で

ザリガニを10匹ぐらい釣りましたw

そのザリガニの子孫が今でも元気に生きてますw

 

そして2日目。

川に到着して、前日に目をつけていたポイント付近を

見ていると、川の護岸に割と大きなカニが歩いているのを発見!

すぐに近くにスルメを垂らすと、すぐにハサミで挟んできました!

え?こんな簡単にとれるの?

という感じで、川についてから5分ほどで取れちゃいましたw

 

☆モクズガニは上海ガニの親せきでおいしい!

ちなみに、このモクズガニ、あの味噌が上手い!で有名な

上海ガニの親戚らしくて、このモクズガニも料理店で

コースが出るほどおいしいカニらしいのですが、

 

今回我が家では、飼育目的で採取したので、1匹で

十分ということで、そのまま帰りました。

 

モクズガニの炊き込みご飯や、味噌を集めて煮込んだ

カニ汁などは絶品らしいですが、寄生虫も居るので、

食べる場合は、しっかりと火を通すべきらしいです。

 

というわけで、今回また我が家に新しい仲間「モクズ君」が

仲間入りしました。w

 

☆モクズガニの飼育繁殖、産卵について

今回モクズガニを飼育する上で、色々飼育方法なども

調べたんですが、

 

まず、水温が23度~25度が適温で、23度以下には

ならないようにした方が良い・・・

 

ということで、秋から冬には、温度を保つためのヒーターなどが

必要ですね。

 

また、長男が、「モクズ君」を増やしたい!と言っていたので、

繁殖、産卵などについても調べましたが、

 

モクズガニは珍しい生態で、夏場から徐々に涼しくなってくると、

川を降りて、河口の辺りまで行き、海で産卵して、

ある程度大きくなるまで海で過ごして、大きくなると

川に上ってまた交尾して・・・

 

ということなので、まず一般家庭で繁殖させることは

不可能でしょうね。

 

もしかすると、庭が大きくて、川と海のような塩分を含んだ水溜りを

再現できれば可能かもしれませんが・・・まず無理ですねww

 

エサは、ザリガニのエサやカメのエサなどで良いみたいですが、

あと、青魚の切り身なども食べます。

我が家でも時々魚の切り身を与えていて、よく食べるんですが、

一度「はまち」の切り身をあげた時は全然食べずに、

水質が悪化したので、アジやサバなどの切り身が良いと思います。